FKKロゴ

お電話でのお問い合わせ 0766-22-2212

  • [営業時間]平日 10:00〜18:00
  • [定休日]土曜・日曜・祝日

添乗日記
BLOG

飛鳥Ⅱトライアルクルーズ乗船記①

いよいよ11月2日(月)から再開される飛鳥Ⅱ
クルーズ。
今回は通常運航前に関係者のみ参加し,10月19日
~10月21日に行われたトライアルクルーズに参加
してきましたので、新型コロナウイルス感染症対策・
改装された新施設・改装と同時に行われた新システム
のご紹介をしていきます。
まずは、皆さんが心配されている「新型コロナウイル
ス感染症対策から!
2020年2月にクルーズ船にて新型コロナウイルス
のクラスターが発生し、700名以上の方が船内で
感染する事態となりました。
まだ日本国内でコロナウイルスの感染が拡がっていな
い時期でしたので、新型コロナウイルス感染の象徴の
ようにクルーズがとらえられ、外国船だけでなく、
日本船も長期間の運休を余儀なくされました。
   
そしてクルーズにおける感染症対策ガイドラインも
発表され、日本船各社がガイドラインに基づき....
というより、より厳しい対策を行い、再開されます
ので、ご紹介させて頂きます。
   
飛鳥Ⅱをはじめ日本船3社ではより安心してクルーズ
にご参加頂けるように乗船前のPCR検査を実施する事
になりました。
乗船の1週間前に検査業者より直接PCR検査キットが
送られてきます。

PCR検査キット①

PCR検査キット②

検査方法は検査キットに唾液を入れて、検体を郵便で
送るだけ!
そして専用のWebサイトに必要事項を入力し、登録!
非常に簡単です。ただ、唾液は思った以上に採取する
必要があります。
ポストに投函してから3日後に検体が届いたと連絡が
あり、その日のうちに検査結果の連絡がありました。
検査結果は.....無事「低リスク」

PCR検査結果

検査結果は「低リスク」以外に「高リスク」・
「再検査」があり、乗船して頂けるには
「低リスク」と判定される必要があります。
それ以外には乗船前に健康チェックリストの項目に
該当せず当日も37.5℃以上の発熱がなければ
無事乗船となります。

乗船してからも様々な対策がされています。

乗船時はもちろん各施設に入る際にはサーマル
カメラによる体温測定と、部屋のカードキーで
ある乗船証をタッチする必要があります。
乗船証をタッチすることで入場した事が登録され、
仮に同じ時間に感染者がいた場合の目安となります。
また、消毒液は船内のいたるところに配置されて
います。

レストランではテーブル毎にアクリルパーテー
ションで仕切られ基本的に同室の方以外の人と
は別々のテーブルとなります。
テーブルに着くとウエイターが部屋番号の
確認をします。
また、メニューはテーブルの上に置かれたQR
コードを自分のスマートフォンで読み取る方式
となっております。
もちろんスマートフォンをお持ちでない方や
使い方が分からない方の為に紙のメニューも
あります。

フォーシーズンダイニングルーム

その他の対策としては大浴場やショップ・
スモーキングエリアは人数を制限しての
利用となります。
部屋の掃除は朝の1回となり、清掃中は部屋から
出る必要があります。
使用したマスクやティッシュは専用の袋に入れて
ゴミ箱に捨てます。
ショーを見るギャラクシーラウンジも席の間隔を
空けて座ります。
正直な感想としては「ここまでしなくても」という
事もありましたがより安心・安全な環境の為には
暫くはしょうがないかなと思います。
郵船クルーズの方も現時点が一番厳しい基準で対策を
しているが今後状況を見て緩和できるようであれば
緩和したいとおっしゃっていました。
今回は150名ほどの乗船でしたので、船内はガラ
ガラでしたので全く不安になる事もなく、久しぶり
のクルーズを楽しめました。
今回のクルーズに参加して一番感心させられたのは
感染症対策を全てのクルーが理解して実行している
事でした。
あれだけ沢山の乗組員がいて、全員が
完璧に行う事は相当大変だったと思います。
郵船クルーズの方は「まだまだ不十分です」と
おしゃっていましたが、再開に向けて安心・安全
なクルーズを準備された方々には頭が下がります。
さすが「飛鳥クオリティ」ですね。
次回は新しくなった船内をご紹介させて頂きます。